MIYAMOTO

LAB.

Physiotherapy for NCDs; Treatment and Prevention

Exercise Physiology

SCOPE​

NCDsが世界的に蔓延

Noncommunicable diseases (NCDs)は非感染性の慢性疾患の総称であり、主に心血管疾患、がん、慢性呼吸器疾患、糖尿病が該当します。WHOが対策に乗り出すなど世界的に問題となっていますが、本邦においても、NCDsは早期死亡の80%の原因とされています。

​心血管
疾患


NCDs
Noncommunicable
Diseases

がん

​呼吸器
疾患

糖尿病

NCDsによって失われる時間

 障害調整生命年(DALYs:disability-adjusted life years)は”障がいを持って過ごした時間”と”早期死亡によって失われた時間”を含めた指標です。
 DALYsの高値トップ10の疾病のうち
ほとんどがNCDsに該当します。したがってNCDsの予防もさることながらNCDsによる障がいを負ったとしても精神的・身体的に質の高い生活を送れるようにする必要があります。

MISSION


NCDsの予防だけでなく、NCDs患者の生活の質を向上させることも含んだ「Better NCDs Outcomes」が私たちの目指すところです。

Better NCDs Outcomes

"臨床研究"と

"ヒトを対象とした基礎研究"のインタラクション

 臨床的研究でよりよいNCDsアウトカムを導くための研究と同時に臨床ではできないような基礎研究を行うことによって対象者に提供する理学療法の効果を最大化することや新たに創出されたものを臨床応用できる可能性が広がります。

​臨床データで
理学療法のエビデンスを構築

CLINICAL
RESEARCH

臨床の疑問点を基礎研究に
落とし込んで明らかにする

基礎研究からの創出を
臨床応用する

FUNDAMENTAL
RESEARCH

 当研究室では、"臨床研究"と"ヒトを対象とした基礎研究"を適宜織り交ぜて実施することによって、Better NCDs outcomesの実現を目指しています。

脚負傷

理学療法士だからこそ

 理学療法士の資格は国家資格です。なぜ国家資格にする必要があるのでしょうか?私は国が抱えている問題を解決するために必要だからだと考えます。

 我が国は、世界有数の長寿国ですが、NCDsの蔓延によって平均余命や健康寿命の大きな損失を抱えています。このことは我が国の発展遅延や経済的損失にもつながる可能性を有しています。国家資格だからこそ、臨床の分野においても、研究の分野においても社会的な問題を解決できる理学療法が求められているのではないでしょうか。

PHYSIOTHERAPY FOR NCDs 

Treatment

Prevention

NCDsによるDALYsへの影響を最小限に留めるためには、予防と治療の両方が必要となることは言うまでもありません。理学療法の分野でやるべきことはたくさんありますが、当研究室では下記に焦点を当てています。

MISSION 1: 治療と予防の理学療法の効果を最大化させる

MISSION 2: 介入方法の生理学的効果の検証

MISSION 3: 低体力者でも効果を享受できる新たな介入方法の創出